ドゥニーム(DENIME)について

ドゥニーム(DENIME)について


ドゥニーム(DENIME)は、1988年に林氏によって設立されたジーンズブランドである。


ドゥニーム(DENIME)の名前は、「Serge de Nimes(ニーム産のサージ)」を語源とする「de Nimes」が、アメリカ訛りで「Denim(デニム)」になったものからということらしい。


ドゥニーム(DENIME)の店舗は2007年5月現在では全国で12店舗ある。


ドゥニーム(DENIME)のジーンズは、色落ちするのが当たり前。


色落ちした風合いを楽しむジーンズである。


値段は高いが、色落ちを楽しむ人にとっては、ドゥニーム(DENIME)は人気のジーンズブランドなのである。


ドゥニーム(DENIME)のジーンズは、1950〜1970年代の製品をリメイクしている。


しかも、昔通りに着色した糸を、織機、縫製、糊付からパーツに至るまで一貫して再現しているのだ。


この製法はドゥニーム(DENIME)ならでは。


またドゥニーム(DENIME)のジーンズは、タイプにもよるが、レギュラーサイズより大きいサイズになると、生地を余分に使うため、その分数千円値段があがる設定となっている。




Copyright (c) ドゥニーム. All rights reserved.


ドゥニームサイトTOPへ

トップ > ドゥニーム(DENIME)について > ドゥニーム(DENIME)について

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。