ドゥニームジーンズ(DENIME)のこだわり

ドゥニームジーンズ(DENIME)のこだわり


ゴールドラッシュに沸くサンフランシスコでジーンズが誕生してから150年余りの年月が流れ、ジーンズそのものも歴史的な変換を経て今日に至っています。


ドゥニーム(DENIME)はその歴史的背景を踏まえた上で、あくまでもドゥニーム(DENIME)ジーンズのベーシックな部分をベースにし、その時代の空気を出来るだけ忠実に伝えることをコンセプトに、現代的な味付けを施した商品を開発しています。


昔どうりに着色した糸を、織機、縫製、糊付(のりづけ)からパーツに至るまで一貫して再現し、出来上がったものがドゥニーム(DENIME)のGパンでありGジャンです。


ドゥニーム(DENIME)の代表的なXX typeが良い色落ちをするのは、化学合成インディゴを使い染色を反復することにより、染色面に厚みをつけ、染料も濃いものを使っているからなのです。


ドゥニーム(DENIME)のブランド設立は1988年、現在では入手の難しい50〜70年代の隠れた名品の数々をリメイク、その時代の空気を出来るだけ忠実に伝えることをコンセプトに、素材、縫製、付属品、着こなしに至るまで徹底的に追求した物作りをしています。


このようにドゥニーム(DENIME)は可能な限り過去に忠実に、そして、ささやかなこだわりを持った物作りをしています。




Copyright (c) ドゥニーム. All rights reserved.


ドゥニームサイトTOPへ

トップ > ドゥニームジーンズ(DENIME)のこだわり > ドゥニームジーンズ(DENIME)のこだわり

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。